釜石ゆかりの木と香りのお香を慰霊祭に寄贈しました

2014/04/10   >>堺学

 東日本大震災から3年を迎えた3月11日、釜石市の追悼式に向けて、堺工科高等学校定時制の生徒達と共にお香を製作しました。
釜石市の花「ハマユリ」の香りを加えて、「心はいつも、あたたかく安らいでいれるように 願っています」と生徒達のメッセージを添えて、桐箱に「絆」の銘を入れてお贈りしました。
釜石市の木が、線香の原料になるタブノキでもあり、是非ともタブノキから作った釜石市に縁のある香りのお線香を、という思いをこめて、生徒達と作ったお香を野田武則釜石市長にお届けしました。

釜石市の市花「ハマユリ」の香りのお香
中身の生徒達のメッセージとお香。
野田武則釜石市長にお届けしました。